スポンサーリンク



今日は子供達を嫁の両親に預け、

嫁と二人でおでかけした。

私のママチャリに2ケツして行く、、、事はなく、
車で向かった。

目当ては子供達のプレゼントだ。

私一人で行くつもりだったが、

嫁がついてきてくれた。

ありがとう、、、

二人で歩くデパート。

いつぶりだろうか?

しかも、クリスマスに、、、

付き合った頃はキスでもするのかと?言わんばかりに
ベタベタくっついていたものだ。

久しぶりで
照れくさいが嬉しかった。

このままホテルに行きたいぐらいだ。

嫁と二人で選んだプレゼント。

上の子には、コートを買った。
嫁が決めた。
白色のコート。喜んでくれるだろう。

下の子には、ブーツを買った。
嫁が決めた。
茶色のモコモコしたブーツ。喜ぶ顔が目に浮かぶ。

プレゼント合計8500円なり、、、

結局、私は選んでない。
選んでも、すべて嫁に却下された。
気が合わない夫婦だと改めて感じ嫁の一歩後ろをついて歩くだけだった。

しかし、私はここでサプライズを仕掛ける。

残ったお金で喫茶店へ向かったのだ。

そして、嫁と二人、コーヒーを飲みながら、
会話をした。
若いカッポー達を見ながら、
私達にもそんな時があったなっと、
出会った頃の話しに。

こんな苦労するとはね、、、

苦笑いしながら嫁が私に言ってくる。
私を責めている言い方ではなく、
運命だと思った様な言い方だった。

来年はもっと頑張るから、、、

私には他に言いようがなかった。
嫁に苦労をかけている現実が私の胸を締めつけた。

嫁は、うん、、、っと私のつぶらな瞳を見つめて答えた。

今日はクリスマス。

サンタさんは私達が夫婦だと再確認出来るきっかけをくれた。

ありがとう、、、

そして、皆さん、

メリークリスマス、、、

 スポンサーリンク